計算された「隙」がモテる秘訣

顔が美人なわけでもないし、可愛いわけでもないのになぜかモテるあの子、、なんて女性、周り
にいませんか?
男性が女性を見る目と、女性が女性を見る目ってぜんぜん違うんですよね。
女性は、女性を美人か可愛いか、スタイルがいいか、お洒落か、肌はキレイか、そんなところで
その人の魅力を判断するものですよね。

でも、男性が女性を見る時はそれらの魅力の他に自分のタイプかどうかが加わってきますし、色
気があるかないか、それに一番のポイントは「やれるか、やれないか」ここに女性と男性の見る
目の大きな違いがあるんですよね。

この「やれるか、やれないか」っていうのは、尻軽女ならそう思われるというわけでもないんで
す。

ガードの硬い女性であっても、男性に期待を持たせるのだけは上手い。なんて女性もたくさんい
るんです。
そんな女性は、物腰がやわらかくていつもニコニコしていて、だれにでも気を持たせるような言
葉が自然と発せられるものなんです。

だから、常に隙を見せるって大切なんです。
隙を見せるってどんな風に? って思ってしまう人もいるかもしれませんが、難しく考えず、
「私の心あいてるよ、休日はいつもあいてるよ、けっこう寂しがりやだよ、、」なんて、自分を
少々オープンにしてあげれば、男性は入ってきやすくなるんです。

入ってきやすいということは、男性が近づいてくるってことなんです。
やっぱり、モテるってことはは男性が近づいてこなければ実現しないんです。

なので、まずは隙を見せることが大切。
そうやって、自分の間口を広げたら、次に大事なのが可愛げです。
可愛げに顔カラダはさほど重要になりません。

「こいつ、なんか可愛いな」と思わせることがポイントなんです。
その可愛さもまた、隙を見せるのとちょっと似ていて、「しっかりし過ぎていないよ、、天然な
ところあるよ、、一人じゃできないこともけっこうあるよ」って見せておくことが大事なんです。

そうやって、自分の間口を広げながら、相手が入り込んでこれるようにして、自分もどんどん相手
の懐に入っていくんです。

そうすると、意外と難しい相手でもなにかの拍子に落とせたりするものです。

全文で可愛げに顔カラダはさほど重要ではないと書きましたが、だからといってどうでもいいわけ
ではないんです。
生まれながらの顔の造作や手足の長さは重要でないということであって、女子力が低くてもいいと
いうわけではありません。

隙を見せて効果を出すにも、可愛げを出して効果を出すにも、そこは女子力あってこそです。
コンプレックスを克服するようなメイクや、もし体型に自信がなかったとしたら、そこを相手に気
づかれない様なファッションを心がけたりするのは重要です。

今夜は男性を落とすんだという時は、パステルカラーのトップスを着て顔色を明るく見せたり、首
や鎖骨がさり気なく出るものを選んだり、ファンデーションはマットな仕上がりより、透明感と艶
を演出するもの、リップは濃い色よりもグロスでぬらぬら感を。
髪の毛はまっすぐ!ストレート!よりも、毛先だけ軽くふんわりさせて、ふんわりあんにゅいな感
じに近づける方が良いですよ。 ただ、やり過ぎはNGです。

モテる隙女は、実は全て計算されているのにその計算のかけらも見えない っていうのがポイント
です。