モテるテクニック

男性にモテるテクニックは、さまざまありますが、私自身モテている実感は、無いのですが、友人に指摘されたことを、まず書きますと、単独行動すること。街コンや合コンなど、友人と一緒に行くほうが、心強いのは、分かりますが、単独で行きますと、必ずエスコートして下さる男性があらわれます。食事をとる際に、さりげなく横に座り、話しかけて、こちらをリラックスしてくださるなど、エスコートといっても、大げさなものでは、ありませんが、嬉しかったです。合コンのあとのカラオケなどでも、単独行動ですと、必ず優しい男性が、何何っていう曲歌って、などと、さりげなく、その場に馴染めるように、声かけしてくださいます。

あと、こちらは、男性から言われたことですが、私の声が甘えているように、聞こえるそうです。甘えている自覚は無く、むしろ逆に私の言いたいことを言って、気の強い女性だと思われているのだろう。と、思っていましたので、大変、意外でした。ですから、男性は甘えて欲しいのでしょうね。甘えることは、モテるテクニックの一つだと認識しました。

他には、私が好きな人がいる場合のモテるテクニックについてです。これは、多くの男性が私のことを好きになってくれたので、テクニックといっても過言では無い。と、思っています。
それは、相談することです。特に、相談することが無くても大丈夫!です。相談があるのですが、と、言って、食事の約束をとり、普通に食事をします。たわいのない話をして、楽しい時間を過ごすこと。これを何回か行います。そのうち、男性が、ふと、相談したいことがある。と、言っていたなぁ。と、疑問を感じ、なぜ何回も食事に一緒に行っているのだろう。と、自問し始めた頃が、チャンスです。好きな人がいるのですけど、なかなか進展が難しく困っています。と、言うと、男性は、自分の事かと気づき、えっと、驚きますが、もう既に何回も食事を一緒にした実績があります。これで、断る男性はいなかったです。
既に記載した甘えて欲しいと言う男性の願望を、相談したいことがある。と、言う事で、満足させているのかもしれません。

私の友人のモテる女性も、それはそれは、甘え上手でした。彼女の場合、料理も上手で、胃袋を、つかむのも、モテるテクニックの一つだと思いました。
別のモテる女性は、さりげなく男性に、ボディタッチしていました。話をしている際に、男性の太ももに、何気無く、手を置いたりしていました。